弁理士とは

 弁理士は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などの知的財産権を取り扱う国家資格です。具体的には、例えば特許の取得をするために出願明細書を作成したり、拒絶理由通知に対する意見書・補正書を作成したりすることが主な仕事です。

 弁理士になるためには、一定年数審査官を務めたり、弁護士になったりしてもよいのですが、弁理士試験に合格するのが最も手っ取り早いと思います。